【川遊び】服装はこれが正解!安全で快適なアイテム選び

暑い夏には、水辺でのレジャーが楽しくなりますよね。その中でも川遊びには子どもたちの好奇心と冒険心をガッチリつかむ「水」「生き物」「砂」「石」「枝」など自然の魅力が大集結しているので、家族でのアクティビティとしておすすめです。最近ではレジャーという枠組みを超えて自然の中での体験学習のひとつとしても注目を浴びています。ただ、同じウォーターアクティビティでも海やプールとは少し勝手が違うところもあるんです。今回は、川遊びを快適に楽しむためにおすすめの服装と、安全のために特に気をつけるべき注意点についてまとめました。ぜひ、トラブルなく安心して夏の思い出を作る参考にしてみてください。

目次

川遊びの服装は海水浴と同じでいいの?

川遊びの服装選びで気をつけるべきポイント

川遊びの服装はこれで決まり

脱げない滑らない、ウォーターシューズ

川が浅くても、ライフジャケット川の中と水辺の二刀流、速乾性のある素材

日差しや蚊から守ってくれる、長袖も用意して

帽子やタオルも忘れずに

川遊びで服装以外に気をつけること

川遊びでは服装に気をつけて、思いっきり楽しもう!

川遊びの服装は海水浴と同じでいいの?

川遊びで最も重要になるのが、靴選びです。「濡れてしまうならサンダルでいいかな?」と思う方も多いかと思いますが、川遊びにサンダルでは危険です。弱い流れでも簡単に流されてしまうビーチサンダルを追いかけて、悲しい水の事故につながった例もあります。足との間に隙間ができやすいサンダルには、絶えず隙間から小石が入ってきてしまうという問題もあります。また、川底は苔が生えていると非常に滑りやすいので、グリップ力も重要になってきます。ゴツゴツした川底や木の枝、釣り針や割れたビンなどが落ちていることもあるので、爪先や足の甲まで保護してくれるデザインがおすすめです。ウォーターシューズやマリンシューズを用意すれば、子どもたちはもっと思い切り川遊びを楽しむことができるでしょう

もし、スニーカーなど紐がある靴で出かける場合には、川底の石や木の枝、落ちている釣り針などに引っかかってしまわないように、紐を内側にしまっておくようにしましょう。

ウォーターシューズやマリンシューズを用意すれば、子どもたちはもっと思い切り川遊びを楽しむことができる

川が浅くても、ライフジャケット

毎年、多くの水難事故のニュースを耳にしますよね。実は中学生以下の子どもでは、 海よりも川での事故の方が多く起きています

「流れの穏やかな浅いところで遊ぶだけだから」「うちの子はもう泳げるから」とライフジャケットの着用を大げさだと思われる方でも、川遊びのときには必ずお子さんにライフジャケットを着せるようにしてください。子どもたちは好奇心から、どんどん深いところに入っていってしまったり、不意に流れが強く速くなっているところに入ってしまったりします。大人も一緒だから大丈夫と思っていても、お子さんから片時も目を離さずにいることは難しいですし、溺れた子供を助けようとして起こる水難事故もあります。万が一に備えて、必ずライフジャケットを着用するようにしましょう。また、浮くだけなら浮き輪でいいかと思われる方もいらっしゃいますが、大きすぎるとすぐに体がすり抜けてしまったり、逆に体にフィットしすぎていると逆さまになった時に抜けられないなど安全対策としては不十分です。何があるかわからない川遊びではライフジャケットの着用が必須です。

もし流されてしまったときには、流れの急なところで立ち上がろうとすると足が岩の隙間などに挟まれることがあり危険です。足を進行方向へ向けて仰向けの体勢で流れの緩いところまで避難しましょう。

川の中と水辺の二刀流、速乾性・通気性のある素材

服装は体にフィットする半袖短パンがあればOK!BBQなど川原でのアクティビティのときでも、子どもたちは冷たいせせらぎに足をつけたり魚を捕まえたり濡れてしまう可能性も高いですが、長時間濡れた服を着ていると体が冷えてしまいます。こんなときは、速乾性のある素材が活躍します。また、タオルで拭き取っても水分を完全に拭き取ることは難しいので通気性も重視して。泳ぐときには皮膚をカバーする面積の広いラッシュガードもおすすめです

川遊びには皮膚をカバーする面積の広いラッシュガードがおすすめ

日差しや蚊から守ってくれる、長袖も用意して

山の中は季節によっては急に冷え込むこともあるので羽織れる上着の持参も忘れずに。長袖があれば、蚊や住宅地ではなかなか見ないアブなどの虫からも皮膚を守ってくれます。

長袖を着用すれば、紫外線から肌を守る効果もあります。涼しげなイメージを持たれやすい川遊びですが、川原では直射日光が照りつけることも。オゾン層が破壊され、紫外線量が徐々に増加している今、子どもたちの皮膚や眼にダメージが蓄積しないように対策が必要です。特に まだ薄い子どもたちの皮膚は繊細でダメージを受けやすい ので、紫外線そのものをカットしてくれる効果のある洋服がおすすめ。山の中で川遊びをされる方は、標高が1,000m高くなるごとに紫外線量は10−12%上がるとされていますので、紫外線対策もしっかり万全にするようにしましょう。

元気いっぱいに遊べる楽しい川遊びですが、自然の中だからこそ気をつけなければならないこともあります。川は天候によって状況が左右されやすく、普段は穏やかで透明な川が雨によって濁流になることも。自分たちがいるところの現在の天候だけでなく、川の上流や前日までの天候も考慮しなければなりません。晴れていても、川の水が急に冷たくなったり、大量の落ち葉や枝が流れてきたり、水が濁ってきた時は上流でたくさん雨が降っているサイン。増水する前に早めに避難しましょう。

また、橋脚や堰堤(川の中にある段差、小さな堤防)などの人工物の周りでは、川の流れが複雑なので近づかないようにしましょう。木の枝などの漂流物が溜まっていることも多いので怪我の原因にもつながります。

また、川遊びではすぐそばに医療機関がないことも多いので、熱中症や脱水症状、低体温症といった症状に注意が必要です。濡れていると汗をかいていることに気づきにくいもの。遊びに夢中になってしまう子どもたちですが、休憩や水分補給を十分にとらせてあげるようにしましょう。大人よりも体温が高い傾向にある子ども向けに キシリトールを使った冷感レジャー服 も販売されているので熱中症対策に取り入れてみて。反対に、唇や爪が青く紫がかったり震えなど低体温症の兆候が見られるときにはすぐに水から上がらせ、タオルで拭いて体をあたためてあげてください。

キシリトールを使った冷感レジャー服も販売されているので熱中症対策に取り入れてみて

川遊びでは服装に気をつけて、思いっきり楽しもう!

登録して10%OFFクーポンをゲット

Reima Friends(レイマ・フレンド)にご登録いただくと、新製品のお知らせや会員様限定ディスカウントなどお得な情報をお受け取りいただけます。クーポンはEメールでお送りします。

ありがとうございました

送料無料

12,000円以上のご注文

安全な決済サービス

JCB・Visa・MasterCard、Amazon Pay、楽天ペイ、 PayPayが使えます

日本語のカスタマーサービス

お気軽にお問合せください