Reimaが取り組み続けるエシカルファッション。サステナブルとの違いは?

エシカルとは「倫理的」という意味。Reimaはファッションを通じて人や社会・地球環境に貢献します。

目次

エシカルファッションとは?サステナブルファッションとの違い

よく似た使われ方をする「エシカル」と「サステナブル」。意味も目的もとても近いところにありますが、エシカルが「考え方」をさすのに対し、サステナブルは「構造」をあらわしています。

エシカルファッションの意味

エシカル(ethical)は、直訳すると「倫理的な、道徳的な」という意味です。「倫理」とは、法律などで定められていなくても、世の中の人の良心や道徳に照らして「良い」と判断されること。エシカルファッションは、人や地球環境・社会・地域を大切にする考え方に基づいて生産されたアパレル衣料、またそれを取り入れた着こなしをいいます。

エシカルファッションの具体的な取り組み例としては、

などが挙げられます。

エシカルファッションフォーラムの定める10の基準

2006年に設立されたイギリスのNPO「The Ethical Fashion Forum(エシカルファッションフォーラム)」では、エシカルファッションの基準として以下の10の項目を掲げています。

  1. ファストファッションでない
  2. 生産過程で、労働者の賃金・権利・労働環境を配慮する
  3. 動植物の持続可能性(サステナビリティ)を保護する
  4. 有毒農薬や化学薬品の問題に取り組んでいる
  5. エコフレンドリーな素材を使用・開発している
  6. 水の使用を最小限に抑える
  7. リサイクル、エネルギー効率や廃棄物問題に取り組んでいる
  8. ファッション業界で持続可能性の基準を作ったり推進している
  9. エシカルファッションに関する情報提供を通して人々の意識向上に積極的に取り組んでいる
  10. 動物の権利を守っている

消費者として、このような条件を満たす衣類やブランドを選択することで、エシカルファッションを実現できるので、お買い物の際に頭の片隅に置いてみてください。

サステナブルファッションの意味

エシカルファッションが道徳的なアパレル商品や着こなしを意味する一方、サステナブル(Sustainable)は日本語に訳すと「持続可能な」という意味になります。現在の人々の欲求を満たしつつ、次の世代からも、資源・自然環境・生産者の生活などが維持できるようなサイクルでデザイン・製造され流通するアパレル衣料、またそれを取り入れた着こなしが「 サステナブルファッション 」にあたります。

具体的には次のような取り組みがあります。

エシカル(倫理的)な考え方に基づいてデザインされた商品・サービスの多くは、結果的にサステナブル(持続可能)であると言えます。

Reima(レイマ)のエシカルファッションへの取り組み

Reimaでは、倫理的に作られた製品を提供するためにすべての工場や原材料の供給業者(サプライヤー)が人権と労働者の権利、そして環境を確実に尊重し、最新の第三者の社会コンプライアンス監査を受けるよう義務づけています。ほとんどのサプライヤーはamfori BSCI監査およびSA8000またはWRAP基準の認定を受けており、毎年または隔年で監査されています。また、サプライヤーリスト( 最終製品サプライヤー製品素材サプライヤー )を公開し、Reimaのアパレル製品がどの工場で作られているのかを消費者がいつでも知ることができる体制を整えています。

Reimaはエシカルでサステナブルな製品作りで子供たちと地球の未来を守ります。

Reimaの取り組みをすべて見る

子供たちの未来のために、子供服にもエシカルファッションを取り入れよう


登録して10%OFFクーポンをゲット

Reima Friends(レイマ・フレンド)にご登録いただくと、新製品のお知らせや会員様限定ディスカウントなどお得な情報をお受け取りいただけます。クーポンはEメールでお送りします。

ありがとうございました

送料無料

12,000円以上のご注文

安全な決済サービス

JCB・Visa・MasterCard、Amazon Pay、PayPayが使えます

日本語のカスタマーサービス

お気軽にお問合せください