冬になると家族旅行や子供向けのスキー教室など、子供たちがスキーやスノーボードに行く機会も増えます。そこで必要になるのがスキーウェアのキッズ用。スキー場などでのレンタルもできますが、サイズ調節をして長く使える商品も増えており、購入した方がお得なこともあります。今回の記事では、スキーウェアのキッズ向け商品の基本タイプ(セパレートとつなぎなど)から選び方のポイントをご紹介していきます。子供たちにぴったりのスキーウェアを選んで、雪を楽しむ準備を整えましょう!

目次

スキーウェアのキッズ用は大きく分けて2タイプある

つなぎタイプ

セパレート(上下別)タイプ

スキーウェア、キッズ向け商品を選ぶ時に気をつけること

3、4歳まではつなぎタイプがおすすめ

防水性・透湿性をしっかりチェック

目立つ色なら子供たちを見つけやすい

スキーウェア以外に必要なアイテム

ウェアの下には何を着せる?

アクセサリーの用意も忘れずに

スキーウェアのキッズ向けおすすめアイテム6選

雪の侵入を徹底的に防ぐつなぎタイプ

セパレートタイプ

ジャケット

パンツ

ウェアの下はフリースで体温調整

防寒・耐水グローブで手を暖かくドライに保つ

防風ウールキャップで頭部もしっかりガード

スキーウェアのキッズ用も正しく選んで、思い切り楽しもう!

スキーウェアのキッズ用は大きく分けて2タイプ

最初に、スキーウェアのキッズ商品には2つのタイプがあります。3-4歳くらいの小さな子供たちや、雪遊び・ソリ遊びをメインで楽しみたいのであれば「つなぎタイプ」、スキーやスノーボードがメインの用途であれば「セパレートタイプ」がおすすめです。

つなぎタイプ

スキーウェアのキッズ向け、ひとつめのタイプは上下がつながっているつなぎタイプのウェアです。カバーオールやオーバーオール、ジャンプスーツと呼ばれ、生後6ヶ月くらいからサイズが展開されています。雪遊びやそり遊びのとき、スキーなどで転んだときにもお腹から雪が入り込まないのが最大の特長で、雪が降る地域で子供たちの普段のアウターとしてもおすすめです。ただし、トイレの時に地面や床についてしまわないように注意が必要です。

中綿が入っているものを選ぶときは、ダウン素材よりも ポリエステルの中綿が入っているものが乾きやすくおすすめです。

セパレート(上下別)タイプ

4、5歳頃から、ゲレンデデビューやスキー教室を受講する子供たちが増えてきます。スキーやスノーボードを思う存分楽しみたいという子供たちにおすすめなのが、上下別になっているセパレートタイプのスキーウェアです。ジャケットとズボンが分かれているので、よりアクティブな動きに対応できます。また、好みに合わせて上下の組み合わせを変えられたり、上下どちらかのアイテムだけ買い足すことができるので、成長や好みに合わせて異なるサイズのものを組み合わせることができるなど、アレンジの幅が広がります。トイレや休憩の際に簡単に脱ぎ着できるところも便利です。

「うちの子はまだスキーを始めたばかりでよく転ぶし、寝転んだり雪遊びもするからお腹から雪が入り込むみそうで心配…」という方は、 ビブパンツと呼ばれる胸元までつながっているボトムス を選べばお腹から入り込む雪を防ぐことができます。

雪遊びもしたい、まだスキー初心者でよく転ぶ。そんなときはビブパンツが安心

3、4歳まではつなぎタイプがおすすめ

3、4歳くらいまでの小さな子供たちにおすすめなのがつなぎタイプのスキーウェアです。雪の上で座っていても、寝転がってみても、雪の中に飛び込んでみたってへっちゃら。お腹の周りに雪が入りこむことはありませんし、暖かさも逃げにくいことが特徴です。小さな子供たちは座ったまま雪を触って遊んだり、雪の上をハイハイしたりするので、撥水力や耐水性のあるアウターのカバーオールやジャンプスーツと呼ばれるつなぎは、雪の中を探検する強い味方になってくれます。

防水性・透湿性をしっかりチェック

ゲレンデで快適に過ごすために忘れてはいけないのが 防水性と透湿性 です。スキーウェアを選ぶ時には、転んだり湿った雪が降ったりするので、耐水圧は10,000mm以上のものを選ぶようにしましょう。撥水性も大切なので、しばらく使っていない時やぐっしょり濡れてしまった後は撥水スプレーをかけて着用してください。

また、スキーやスノーボードでしっかり体を動かしているときや、レストハウスで休んでいる時に汗をかいてしまうこともあるので、汗を逃す透湿性も重要になります。ウェアの中で汗がこもってしまうと、蒸れて気持ちが悪いだけでなく、あとで体が冷えてしまうと風邪をひく原因に。子供たちの快適なスノーアクティビティのためには 透湿性5,000g/m2/24h以上のスペックがあれば安 です。

目立つ色なら子供たちを見つけやすい

スキーウェアのデザインは、雪の中でも子供たちを見つけやすいように、カラフルで目立つものを選ぶのがおすすめです。ゲレンデには 雪遊び やウィンタースポーツをする人がたくさん居るため、子供たちが迷子になってしまうこともあります。カラフルなスキーウェアなら、雪の中でも目立つので子供たちを見つけやすく、また、周囲のスキーヤーからも見やすいので、接触事故の防止にもつながります。 冬は暗くなるのが早いので、反射板が付いているものを選ぶともっと安心です。

スキーウェア以外に必要なキッズアイテム

スキーウェアだけでは子供たちのゲレンデアクティビティを十分に守ることはできません。ここからは、ウェア以外に用意するべきものをご紹介します。

ウェアの下には何を着せる?

**スキーウェアの下には肌着と薄手のフリースかパーカーを一枚着ておくようにしましょう。**肌着は綿でも構いませんが、ウェアのすぐ下に綿素材のものを着ていると、透湿性を邪魔してしまうので薄手のフリースを一枚挟んでください。前が開くタイプのフリースなら、レストハウスの気温に合わせて体温調整がしやすいのでおすすめです。

アクセサリーの用意も忘れずに

スキーウェア以外にも、グローブやキャップ、ネックウォーマー、厚手の靴下を忘れずに準備しましょう。手袋は、防水性のあるもので、小さな子供たちには着用しやすいミトンタイプもおすすめ。厚手のものであれば怪我からも守ってくれます。顔・首回りは帽子とネックウォーマーでしっかり防寒することを忘れずに。バラクラバなど、頭部と首がつながった一体型のものもあるのでチェックしてみてください。厚手の靴下は、防寒の効果以外にも、足をスキー靴から守ってくれる役割があるので用意するようにしましょう。

アウターレイヤーは防水性や防風の機能で選ぶ。保温対策はミドルレイヤーで調整する。

スキーウェアのキッズ向けおすすめアイテム6選

ここまで読んでくださった皆さんには、子供向けのスキーウェアと小物類の選び方についてお分かりいただけたかと思います。ここからは実際に、フィンランド発の高機能キッズ服ブランドReimaのおすすめスキーアイテムをご紹介します。

雪の侵入を徹底的に防ぐつなぎタイプ

素敵なプリント柄で、フードには取り外し可能なファー付き、幼児用の完全防水ウィンターオーバーオール。Reimaのオリジナル技術Reimatecを採用しています。Reimatecは、完全な防水性、通気性、耐久性に優れているので、冬のアクティビティに最適です。 脱ぎ着しやすいロングファスナーを備えています。ヒップ部分には中綿が入っていて、寒い外でのお遊び中もお子様のボトムを暖かくドライに保ってくれます

[防寒] 幼児用ウィンターオーバーオール、Lappi

セパレートタイプなら着脱しやすくコーディネートも自由自在

完全な防水性と防風性を備えたキッズ用Reimatecスキージャケット。フードは取り外し可能で、フード取り外し時にも防風ガードが、首まわりを冷たい風から守ります。袖に付いたリフトパス用ポケットなどスキー用の機能的なディテールを備え、体にほどよくフィットします。

[防寒] キッズ用スキージャケット、Frost

防水性と防風性を備えたキッズ用Reimatecスキーパンツ。 水や汚れを効果的にはじく、通気性の良い素材で作られています。 縫い目はすべて防水加工されています。この男女兼用のキッズ用スキーパンツは、アクティブなお子様向けにデザインされました。

[防寒] キッズ用ウィンターパンツ、Takeoff

ウェアの下はフリースで体温調整

大人気のジュニア用フード付きフリースジャケット。 冬の外遊び用ミドルレイヤー(中間着)として最適な、 優しい肌触りの商品です。

[通気性] キッズ用フリースジャケット、Northern

防寒・耐水グローブで手を暖かくドライに保つ

ベストセラーのReimatec冬用手袋。 防風・防水・通気性・柔軟性を備えています。 この防水加工の冬用手袋はあらゆる気象条件で小さな指を暖かくドライに保ちます!また裏地は快適で肌に心地よい暖かいフリース布地です。

[防寒] キッズ用手袋、Tartu

防風ウールキャップで頭部もしっかりガード

フリース裏地でウール100%のキッズ用ニット帽。 非常に暖かく、防風耳カバーも縫い込まれています

[ウール100%] キッズ用ニット帽、Pohjoinen

スキーウェアのキッズ用も正しく選んで、思い切り楽しもう!

登録して10%OFFクーポンをゲット

Reima Friends(レイマ・フレンド)にご登録いただくと、新製品のお知らせや会員様限定ディスカウントなどお得な情報をお受け取りいただけます。クーポンはEメールでお送りします。

ありがとうございました

送料無料

12,000円以上のご注文

安全な決済サービス

JCB・Visa・MasterCard、Amazon Pay、楽天ペイ、 PayPayが使えます

日本語のカスタマーサービス

お気軽にお問合せください