安全性とReimaスタイル:UVカット服の機能と使い方

太陽光はビタミンDのもとになり、気分を高めてくれる自然の恵みです。でも太陽の紫外線は危険。太陽光の害からは体を守り、太陽の恩恵を受けるにはどうすればよいのでしょう?

晴れた日も外で安全に過ごす

世界保健機構によると、皮膚ガンのリスク増加は、毎日の生活の中で紫外線にさらされる時間、外で遊んだり仕事をする時間に関係します。ですが、このリスクは日焼け止めクリームやUVカット効果のある衣服を正しく使用することで減らすことができます。

日焼けを防ぐ最適な方法

肌を衣服でカバーすることで有害な紫外線から守ることができます。でも通常のコットンTシャツなどは限られた保護効果しかなく、特にルーズフィットな衣類や濡れた状態だと、徐々に肌が紫外線のダメージを受けることになります。

この夏はぜひReimaのUVカット服で太陽の有害な紫外線を大幅にカットして夏の間ずっと太陽光を楽しみましょう。UPF 50+保護効果のあるUVカット服があれば、お子様の日焼けを心配する必要はありません。安全に屋外での遊びを楽しむことができます!

日焼け止めクリームはどのくらい必要?

様々な波長の紫外線を防止する(広域スペクトラム対応)日焼け止めクリームをまず2時間毎にお子様の肌に直接塗ることが第一の予防策です。でもReimaの長袖UVカット服を着た場合は、少ない量の日焼け止めクリームを塗るだけです。通常の日焼け止めやスプレーのように肌から落ちてしまうこともありません。そして日焼け止めクリームは6カ月未満の赤ちゃんには適しません。赤ちゃんは日陰の中に、またUVカット効果のあるサングラス、UVカット帽子、長袖のTシャツを使用し水分を十分に取るようにしましょう。

普段着は紫外線から肌を守る?

ハーフパンツや帽子などの衣類の生地は、何度か洗濯した後もしっかりとした作りで丈夫、肌に対するUVカット効果も十分にあります。Reimaの半そで水着などのジャージ衣類はお子様のアクティブな動きによるダメージも心配の必要はありません。常に紫外線からの保護効果があり、何度洗濯してもその効果が薄れることはありません。

登録して10%OFFクーポンをゲット

Reima Friends(レイマ・フレンド)にご登録いただくと、新製品のお知らせや会員様限定ディスカウントなどお得な情報をお受け取りいただけます。クーポンはEメールでお送りします。

ありがとうございました